NEWTON LOGO

技能連携

ニュートン高等学院は、平成21年4月より学校法人光陵学園ニュートン高等専修学校となりました。
総合教養科として専門科目を増やし、将来の自立にむけて効果的な学習内容になっています。

普通科目は科学技術学園高等学校の協力をもとに、ニュートン高等専修学校での学習が高校の履修単位として認められています。

3年間学習し全教科の単位を修得しますと、当校の卒業と科学技術学園高等学校の普通科の卒業資格が得られます。

科学技術学園高等学校は、国内の企業内にある教育機関や専修学校などと「連携教育」を行う、技能連携システムを取り入れた広域通信制高等学校です。

昭和39年、日本科学技術振興財団が、わが国の科学技術水準の向上をはかるため、学校と産業界とが協力して、職業教育を受けながら高卒資格のとれる技能連携教育を行うことを目的としてスタートしました。

技能連携教育では、それぞれの連携校で学習した教育科目が、高校で学習したものとして認められます。